インフォブインフォ

旦那か夫?もしくは主人!?どの呼び方がベストなのっ

いや~、どれで呼ばれると想像してもウキウキする、結婚が近くて遠い管理人です。

前回の「旦那と旦那さん」の使い分けについての記事で取り上げた奥さんと改めて話す機会がありました。その際に、「旦那と旦那さんはまだ良いんだけど、夫や主人が難しいんだよね…」との、タイトルに繋がるひと言が。

確かに、TPOによって使い分けが必要ですし、新米主婦にとっては難しい問題ですよね。

「旦那」はまだイメージが湧きそうなものですが、確かに結婚素人から見ても、「夫と主人」は使い分けが想像も付きません

スポンサーリンク

興味を持てる日本語に出会いましたので、良い機会だと言葉の意味をリサーチしました。

その結果と私の考えをシェアさせていただきますので、お悩みの方は一緒に見ていきましょう♪

それぞれの持つ意味は

教える男性のイラスト
辞書によって言い回しが微妙に違うので、私なりにまとめていきますね。

旦那

妻が夫を呼ぶ言葉。元々は商家で奉公人がボスを呼ぶ時の敬称で、お客さんに使う場合も。他人が人の夫にこれを使うのも可。

他にも、女性にお金を払うパトロン的な存在にも使われる事がある。

夫婦において、男性の配偶者を指す言葉。

だが、「農夫」や「情夫」「水夫」などに見られる様に、男性そのものを意味する言葉でもある。

主人

妻が夫を呼ぶ言葉、また、家の長を指し、他人が人の夫を呼ぶ場合にも使われる。

「主人役として~」など、ゲストをもてなすホストに使われる場合もある。

「旦那」は現代ではどちらかと言えば、毒を吐く時に使うイメージがありますが、本来は敬称なんですね。これは「主人」も同じです。どちらかと言うと、「旦那」にお金をもらっているという意味が含まれる分、こちらの方がへりくだっていると言えるでしょう。

対して「夫」は、シンプルに男性を指す言葉なんですね。

これらの意味を知っていると、現代に適した呼び方が浮かび上がってきます。

今の時代の呼び方はどう考えても…

昭和の終わりから現在にかけて、ご存知の通り女性の地位はどんどん上がっています。

男女平等というのが、今の社会のテーマと読んでも良いくらい。となると、ご主人を人前で自ら呼ぶ場合は明らかに3つの呼び方の中で「夫」が一番です。

妻が夫に養ってもらうという考え方はどうしても古臭く感じてしまいます。専業主婦だって、お互いに違う役割をこなして助け合っていると考えるのがベストでしょう。

兼業主婦なら尚の事ですよね。

ハート夫婦

今日において、男性が家の「主」であると考えるのも、妻を養う存在であると考えるのも、どうしても時代遅れに映ってしまうもの。

英語で考えると、性別上の夫を意味する“husband”の1語しか、夫婦においての男性の呼称は思い浮かびませんし、時代に合った呼び方は「夫」と言って差し支えないと思います。

スポンサーリンク

とは言え、そうは問屋が卸さない場合もありますよね。いつだって、世の中には例外が付き物です。

TPOに合わせて柔軟に

時代が変わっていると言っても、呼び方を気にする方はいるものです。

全員が全員と言うつもりはサラサラありませんが…

  • ・年配の方:「奥さんがご主人を立てなきゃダメでしょ」

こんな感覚が残っている事はあながち間違いでも無いはず。

波風を立てず、人を不快にさせないのが大人だと考えるなら、特に、年配の方と話をする時などは、出しゃばっていると思われない様に「主人」を使うのも、マナーの1つかもしれません

私個人としては、そんなの気にしなくても良いと考えてしまいますが、関係によっては、気楽にとはいかない場合もありますからね。

スポンサーリンク

であれば!と私が思う呼び方

年配の上司
冒頭でお伝えした「旦那と旦那さん」についての記事で書かせてもらったのですが、そもそもの私の意見としては、名前で呼ぶのが自然。こう考えています。

(自分の名前を当てはめると ※妄想注意報)

  • 目上の人の前では…「裕介さん」
  • 友達の前では…「裕介(さん)」

人によっては異論があるかとも思いますが、これが対等かつ、現代的だと思うんですよね。

夫を立てるのが出来る女性のマナー。こんな意見もありますが、私自身は夫婦においてどちらが上とも思えません。かと言って、世間一般に浸透している考え方を否定する必要もありませんし。

少なくとも、私の家庭ではそうしますね。結婚できたらですが←


「旦那」「主人」という言葉はどちらかと言えば前時代的。

今は「夫」、それがダメなら名前で呼ぶというのが、言葉の意味を考えた上での私の意見です。

…と、思うがままに書かせていただきましたが、これはリサーチしたからこそ。論文を書くならこのイメージで進めていくでしょう。

でも、実際のところ、私はどう呼ばれようと気にしないし、むしろどの呼び方でも嬉しいと思っていたりします。

これが独身男の悲しいところかもしれませんね(笑)

【そんな私の生活の雑学記事】
旦那と旦那さんのどっちを使う?私の周りの使い分け!

タオルを電子レンジへ!あの嫌な臭いが解決出来るかも!?

シャボン玉の作り方!簡単に割れない自家製シャボン液!

ご苦労様ですとお疲れ様ですの違い!使う相手に要注意

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top