インフォブインフォ

データローミングを日本国内でオン!料金は発生するの?

先日の記事で、データローミングとはどんなものか、機能の詳細と海外での危険性についてお届けしました。

簡単にまとめると、データローミングとは国外の電波の受信を可能にして、普段スマホやタブレットなどで使っている電波の圏外でも通信が出来る様にする機能の事です。

パケット定額制のプラン外となるので、海外滞在時に使い方を間違えると高額請求が発生してしまうのに注意が必要で、その対策方法を知るまでが前回の記事の要点です。

スポンサーリンク

そして、今回のテーマはタイトルの通り、データローミングを日本国内でオンにして使用してしまった場合にどんな事が起こるのか。

ポケットの中で誤作動させてしまったり、海外から帰ってきてオフにし忘れてしまうなど、ついうっかり機能をオンにしてしまう事は十分ありえます。

こうした時に契約外の電波をキャッチしてしまい、高額な通信量の請求は来るのでしょうか?

まず課金される事はありえない

ポイント
「普段受信しない契約外の電波も受信出来る様になる」

これがデータローミングの役割です。

海外での利用が想定された機能ですが、日本国内で利用したとすると、例えばドコモの機器を使っている場合に、ソフトバンクやauの電波を拾ってしまわないの?という疑問が湧いてきますね。

ですが、これは大丈夫

使用機器の契約会社以外の電波は、あらかじめ受信しない様に設定されています。契約していない会社の電波を受信するという事はまずありえません。
(イーモバイルがドコモの電波を使用する例外的なサービスはありますが)

海外の電波を受信しない限り、データローミングをオンにしていたからとして、追加料金は発生しないのです。

スポンサーリンク

データローミングはオフにしておこう!

データローミングをオンにしている時に料金が発生するのはどんな時でしょうか?

それは…

エリア外の電波を受信して通信が行われた時ですね。この場合のみ、使用したデータ量に応じて請求が来ます。

先にお話したとおり、日本国内ではエリア外の電波を受信する事は通常はありえません。しかし、これは「海外の電波が飛んでいない」という前提があるから。

もしも海外の電波が受信出来る状態であれば話は別です。

例えば、長崎県の対馬。こちらは日本国内でも特に外国(韓国)に近い地域で、場所によっては韓国のモバイル電波が届いている可能性もあります。

こういった状態で、国内の電波が仮に圏外になってしまったとしたら、データローミングによる電波の受信が無いとは限りません。

私はスマホを車のナビ代わりに利用していますが、対馬をドライブ中に一時的に圏外になったら、韓国の電波を利用して地図データを受信してしまうかもしれませんね。
運転中
圏外+海外の電波があるのは、まずありえない状況ではありますが、万が一にも海外の電波を受信しない様にする為に、データローミングは日本国内にいる時はオフにしておきましょう♪

スポンサーリンク


海外の電波があるという、例外中の例外の場合は別ですが、誤って日本国内でデータローミングをオンにしていても、料金が発生する事は通常ありません

知らない内にデータローミングがオンになっていたなんて状況で、焦って調べている中でこの記事に辿り着いた方はご安心下さい♪

ちなみに、利用している機器の契約電波が圏外になった時に、「データローミングをオンにしますか?」という旨の表示が出る場合があります。

こうした時に、深く考えずオンにしてしまったとしても大丈夫。

この表示は、「圏外でデータ通信出来ないからオンにしませんか?」と伝えているのであって、データローミングによって利用出来る電波があるから出ているという訳ではありません。

エリア外の電波が無い限り、データローミングによる料金の請求が来る事は無いんですよ♪

【ちょいと気になる雑学記事】
データローミングとは!i-phoneなどの海外利用に要注意

スマホの通信量に要注意!使い放題でも制限が!?

LINEのなりすまし詐欺に要注意!対策は必須だっ!!

デスクトップカスタマイズ!壁紙を使ったお洒落な簡単技

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top