インフォブインフォ

淀川花火大会2014!日程と場所情報を一発チェック!

大阪の夏の最も大きな楽しみの1つです!

ムンムンと身体にまとわりつく嫌な暑さを吹き飛ばしてくれる淀川花火大会が今年、2014年もやってきます♪

都会的な花火大会は東京や大阪、神戸など至る所で開催されますが、この淀川花火大会の最大の魅力は梅田スカイビルなどの高層ビルの夜景と共に、大阪ならではの豪快な花火を楽しめる事でしょう。

昨年の模様がYouTubeにアップされていました!

いや~、今年の開催が楽しみですね!!!

そんなウキウキ感と共に、本日は淀川花火大会の2014年の日程場所情報、その他の詳細を一気にお届けしたいと思います^^

それでは、一緒に見ていきましょう♪

2014年の日程と時間は!

ポイント
淀川花火大会、正式名称「なにわ淀川花火大会」は大阪の夏の風物詩的イベント。毎年、8月の初めに開催される超大型花火大会です。

花火大会と言えば、市や区などが主催している場合が多いのですが、淀川花火大会は地元のボランティアスタッフが頑張って運営しています。その分、地元民の情熱が詰まりに詰まったイベントに仕上がっていますよ♪

今年もしっかりと開催が公式発表されています!

2014年の日程は…

夏も真っ盛りの8月9日(土)です。

打ち上げ時刻は午後7時50分から8時40分の予定となっています。今年も50万人近くの観客が大阪の夜空に咲くドデカい花を楽しみにやってくる事でしょう♪

なお、悪天等により花火の打ち上げが不可な場合は翌日の10日(日)に延期となりますので、天気情報はしっかりとチェックしておきましょう!

淀川花火大会の打ち上げ場所と観覧スポットは?

淀川花火大会は大阪の中心繁華街の1つである梅田と、下町の雰囲気が残る十三の間を流れる淀川で打ち上げられます。

JR大阪駅からも徒歩圏内。正に大都会の中の花火大会といった様相で、関西では随一の花火大会と言っても過言では無いでしょう。

打ち上げ場所は下の地図のピンの付近です。

梅田側の川岸は打ち上げの為、一部立ち入り禁止区域となりますが、基本的には観覧場所は河川敷

両側の岸には公式の有料観覧席が用意されます。中には納涼船で花火を楽しむ席もありますよ。ただし、発売直後に一気に売り切れるプラチナチケットですけどね^^;

公式ウェブサイトによると、チケットは席によって価格が違い、花火全体を楽しむ事が出来る堤防席だと2500円、花火間近の席は8000円、納涼船だと16000円での販売となります。

他にも多くの種類のチケットがありますので、公式サイトへのリンクを置いておきますね♪

淀川花火大会の公式情報淀川花火大会公式サイトのチケット情報ページ
淀川花火大会の公式サイトのチケットページです。
チケットの種類や価格、販売情報などをチェックするならこちら!
天候などによる延期や中止情報もこちらで確認して下さい。
大会に関するお問い合わせは、なにわ淀川花火大会運営事務局まで。
tel:06-6307-5522

なお、販売開始は6月1日

チケットはかなり早い段階で数が少なくされる事が予想されますので、有料席を狙うなら、出来る限り早い行動が吉ですよ。

有料席が場所的に花火が一番キレイに見えるポイントですが、もちろんお金を払わずともしっかりと花火が楽しめるスポットもあります(メッチャ混みますが^^;)。

ここからは、無料の観覧スポットをご紹介していきましょう!

淀川花火大会を無料で楽しむなら!

基本的に淀川付近には背の高い建物が多いです。人が多い河川敷を避けて、1本ずれた道路などで花火を観覧しようとしても、ほとんど観る事が出来ません。

したがって、無料で観るとなると、ほぼスポットは河川敷に限定されます。GoogleMapに、河川敷の観覧スポット情報をコメント付きでまとめてみましたので、見てみましょう。

※ピンをクリックするとコメントが開きます。右上のボタンを押すと、大きな地図が表示されて、コメントが見易いですよ♪

スマホの場合は、このサイトの画面上ではコメントが見れない場合もあります。そういった時は、GoogleMapのページでコメントを確認して下さいm(_ _)m
空の花
基本的には、河川敷はどこも混んでいると思って覚悟しておいたほうが良いです。

特に水中花火が観れる花火の打ち上げ会場付近のスポットは本当に人だらけ。お昼頃には到着して場所取りが出来なければ、場所を探しながら歩き続ける事になる可能性も出てきます。

以前は梅田側だとかなりゆったり見れたという情報もありますが、最近はかなり知られてきているので、もはや穴場とは言えないかもしれません。

屋台がほとんど無くても良いのであれば、淀川駅を降りて、河川敷を打ち上げ方向に向かって良い場所が無いか探しながら歩いていくのが個人的にはベストだと思っています。

どうしても人ゴミが嫌であれば、かなり花火は小さくなってしまいますが、東側の本庄公園付近まで離れるのも1つの手ではありますよ。


ちなみに、公式の有料席以外でも、近場の屋上ビアガーデンやホテルのレストラン、WTCや梅田スカイビルなどの展望台など、様々な施設が花火大会を観覧出来る席を毎年用意しています。

ビアガーデンやレストランなどで食事を楽しみながら花火が観れるのは本当に極上の体験。私も一度だけ知り合いに招待されてヒルトン大阪ホテルへ行きましたが、本当に非日常な空間でした。

基本的にはどこも予約で一杯になりますので、かなり早い段階で(場合によっては一年前…)席を用意する必要があります。しかし、もし手に入ったらラッキーと思って、電話をかけまくるのも良いかもしれませんね♪

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top