インフォブインフォ

花粉症は朝がひどい!寝起きの症状を予防するには?

花粉症に悩む管理人は、花粉が増えるシーズンには寝起きの時に襲われる症状にに困らされる事が非常に多いです。気持ちが良いはずの朝なのに、鼻がムズムズしてくしゃみが止まらない…。

そこで、昨シーズンに一念発起して、寝起きの症状対策法をリサーチして片っ端から試してみたところ、中には結構効果のあるものがありました。

私が試した中から「コレは使える!」と思った、朝の花粉症の諸症状を予防する方法を一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

それぞれの方法の効果をよりイメージし易い様、最初になぜ朝に花粉症の症状がひどいのかをお伝えします。

朝の花粉症の原因

花粉症女子
朝に症状が出やすいのは…

  • 布団や布団の近くに花粉が集まる
  • 自律神経のバランス

主にこの2つが原因と言われています。それぞれを詳しく見てみましょう。

布団の近くの花粉

布団を清潔に保つための1番の方法は日干しですね。じっくりと太陽の光を浴びた布団はフカフカで本当に気持ちが良いです。

でも、花粉が舞っている季節に外に布団を置いておけばどうなるか想像してみて下さい。そう。布団に花粉がビッシリと付着してしまうのです。

そんな布団で寝ていれば、花粉症の症状が出てしまうのも納得がいきますね。ちなみに、寝ている間も花粉症の症状は実は出続けているそうで、それに気が付くのが朝だと言われています。

それと、朝に花粉が集まりやすい場所がもう1つ。それは床です

活動している時間帯は、部屋に入ってしまった花粉は自分の動きによって宙を舞い分散されますが、寝ている間は邪魔が無くなる為、花粉はゆっくりと落下していきます。

そして、朝起きる頃には床に花粉がビッシリ…。

活動開始と共に、再びこの花粉が一気に舞い上がりますので、普段よりも多くの花粉を寝起きに吸い込んでしまう可能性が高いのです。

自律神経のバランス

自分の意思で動かせない神経を自律神経と呼びますが、この自律神経は交感神経と副交感神経の2つに分けられます。

交感神経は昼間に主に働く神経で、心拍数を増やしたり、血管を収縮させるなど、活発な活動を促進する役割を持っています。また、アドレナリン等の物質を出し、活動の邪魔をする症状を押さえ込んだりもします。

副交感神経はその反対。夜にリラックスしている時に活発になるのですが、血管を広げて血行を良くしたり、心臓をゆっくりと鼓動させたりと、身体を休める役割があります。

寝起きは副交感神経の方が明らかに交感神経よりも活発になりますので、活発な活動を阻害する花粉に対して身体が準備出来ておらず、症状が出易くなってしまうのです。

この様に、花粉症の症状が朝にひどいのには、吸い込む花粉の量が増える事と、副交感神経が活発になるという2つの理由があります。

この2つの内、自分で対策出来るのはどちらでしょう?

寝ている間に運動をして交感神経を優位にする事はさすがに出来ませんので、花粉の量を減らす事ですね。布団に付いた花粉や床に落下する花粉に対する対策を施す事が、朝のひどい症状を予防する近道となるのです^^

さて、それでは私にとって効果があった対策法を見ていきましょう!

スポンサーリンク

空気清浄機を利用する

目覚め
この見出しを見て、「当たり前だ!!」と感じられた方も多いかと思います。花粉症の予防には必須のアイテムですね。

空気中の花粉を吸い込んでくれる空気清浄機は、花粉の時期には欠かせません。この空気清浄機で寝起き時に出てくる症状を予防するには、使い方にちょっとしたコツがあります。

それはタイマーを使って、寝起き1時間前に作動させる事。

こうする事で、寝起きのタイミングに多少なりとも花粉を減らす事が出来ます。ただし、床に落ちてしまった花粉は中々吸い込んでくれません。

そこで私は空気清浄機をエアコンと合わせて使っています。

エアコンの使い方

空気清浄機と同じく、寝起きの1時間前にタイマーをセットします。

この時に使うのが「送風モード」、強さは「強」

一般的なエアコンには、部屋の空気を循環させてくれる送風モードがあります。これを使うと床にも風が届き、床に落ちた花粉が再び宙に舞います。

すると、一緒に作動している空気清浄機が花粉を吸い込みやすくなり、寝起きに吸い込む花粉の量を効果的に減らす事が出来るんです。

空気清浄機とエアコンを一晩中作動させておくのもアリなんですが、私は電気代が勿体無いのでタイマーを有効活用しています。

スポンサーリンク

しかし、これだけだと1箇所だけ花粉が集まったままになっていますね。

最後に布団への対策をチェックしましょう!

布団は外に干さない

ベランダや庭に布団を干すと、どうしても布団に花粉が付いてしまいます。そこで、私は花粉症の時期には極力、外に布団は出さない様にしています。それどころか、布団を干してすらいません。

「え、管理人さん不潔…」と思われたそこの方!清潔にしてますよ!!

何をしているかと言えば、布団乾燥機の利用です。

熱風を布団に送り込む布団乾燥機は、布団のダニを退治してくれたり、汗などで集まった湿気を乾燥させてくれたりと、布団を長時間屋外にさらしたくない時には大活躍してくれます。

どうしてもホコリ等が気になりますので、私の場合、布団乾燥機を使った後に布団を屋外に少しだけ持ち出して、フルスイングでホコリをはたいから急いで部屋に戻しています。

短時間とは言え、外に出してしまいますので少量の花粉は仕方がないですが、これで布団に付着する花粉を激減させる事が出来ますよ。1万円も出せば購入出来ますので、布団の花粉が気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私が使っているのはこちら!

って、量販店で購入した時より2000円安い…。まあ、いいか^^;

なお、布団乾燥機は花粉の時期だけでなく、布団を中々屋外に干せない梅雨時にも活躍しますので、1つ持っていると本当に助かりますよ♪


と、ザッとご紹介してきましたが、私が朝の花粉症のひどい症状を予防する為にしているのは、空気清浄機とエアコンの併用と、布団乾燥機の利用です。

たったそれだけですが、普段10連発している寝起きのくしゃみが3回程度に減りました。効果的かつ簡単に出来ますので、どうぞお試しあれ^^

なお、布団乾燥機を購入するのが勿体無いという方は、比較的花粉が舞う量が少ないと言われている午前中に布団を干すのがベターです。その場合は、少しでも花粉を減らす為に、取り込んだ後に掃除機で吸い込むのがお勧めですよ。

アメリカ人の友人が花粉症対策として教えてくれました♪

あちらの国では、花粉症の時期にはマットレスに付いた花粉を掃除機で吸い込むのが一般的だそうですよ^^

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top