インフォブインフォ

花粉症の薬で眠くなる理由は!?総合的に知っておこう

花粉症が猛威を奮う時期には処方薬や市販薬を飲む機会が増える方も多いのでは無いでしょうか?

管理人は今まで結構な数の花粉症の薬を試してきましたが、飲んだ2~3時間後に猛烈な眠気を引き起こされる薬が非常に多いです。私の場合、日常的に運転をする機会が多いですし、仕事中に眠くなってしまうのも本当に困りもの。

そこで、ある時から掛かり付けの病院の先生にはいつも「眠気が出づらい薬を!」とお願いするようにしているのですが、確かに、以前より眠気は弱くなりました。しかし、よくよく考えると、何が違うのかは全く知りません^^;

スポンサーリンク

最近、風邪を引いて病院に行く機会がありましたので、何故花粉症の薬で眠くなってしまうのか、その理由を尋ねて来ました。薬選びの参考にして頂ければ幸いです。

眠くなる原因

先生
花粉症はヒスタミンやセロトニン、ロイコトリエンなどの物質が体内でアレルギー反応を誘発する事で起こる場合がほとんどですが、この内、特に注意が必要なのが鼻の神経や血管を刺激して鼻水やくしゃみの原因となるヒスタミンです。

多くの花粉症薬はこのヒスタミンの生成や放出を防いだり、その影響から身体をガードする狙いを持って作られています。しかし、ヒスタミンの役割は花粉症を引き起こす事だけではありません。

脳にもヒスタミンは存在していて、その受容体と結びつく事で覚醒(目が覚めている)状態を維持したり、学習能力を高めたりなど、様々な生理機能を促進します。

薬によってヒスタミンの影響が抑えられる事で、鼻だけでなく、ヒスタミンの脳への作用も小さくなってしまい、覚醒状態の維持能力が弱くなるので、自然と眠気が発生してしまうのです。これは根性だけでは抑えられない眠気です。

それでは、花粉症が辛い時期に、眠気が起こってしまうのが困る状況の場合、どんな薬を選べば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

眠くなりづらい薬の選び方

ヒスタミンを抑える効果があると言われているのが抗ヒスタミン薬ですが、抗ヒスタミン薬は第一世代、第二世代に分かれます。

第一世代はネット上で抗ヒスタミン薬と呼ばれているもので、一般的に眠気が強いとされています。そして、第二世代は通称抗アレルギー薬。先生によると、こちらは眠気が比較的起こりづらいそう。

市販薬もこの2つのカテゴリーに分かれます。

病院でも薬局でも、眠気を出来るだけ避けたいなら第二世代を選んだ方が良いという事ですね。

豆知識

第一世代の抗ヒスタミン薬はヒスタミンの受容体やヒスタミンそのものに作用してアレルギー反応を抑えるが、第二世代はヒスタミンの発生と放出、すなわちヒスタミンが作られる事を防ぎアレルギーの影響を軽減する事が狙い。

まあ、ややこしい話ですが、要は第一世代は身体がヒスタミンの影響を受けない様にするのに対し、第二世代はヒスタミンの全体量を減らすという事。全体量が減るだけで、全てのヒスタミンが無くなる訳ではないので、眠気がそこまで強くないというイメージで良いかと思います。

ただし、第二世代だと効果はそこまで強力では無いものが多く即効性が薄いので、シーズンの1ヶ月程前から服用を始めて、身体がヒスタミンを作りづらい状態にしておいた方が良いそうです。

私の場合は、朝に飲む薬は第二世代の比較的眠気の起こりづらいものを、夜に飲むのは第一世代のものを出してもらい、毎日服用しています。また、それとは別に、鼻詰まりが酷い時に使う点鼻薬を頂いていますね。その分、昼間は結構ツライですが、致し方無い^^;

スポンサーリンク

最後に

これは先生のボヤキです…

「眠気が出て困るのならちゃんと言って欲しいんだよね。」

出来るだけ先生から質問する様にはしているそうなのですが、忙しい時などは聞き漏らしてしまう事もある為、しっかりと伝えないとガッツリ眠気が起こる薬を処方されてしまう可能性もあります。

これは薬局でも同じでしょう。

「眠気が出ない花粉症薬が欲しい!」

これをしっかり伝えて、花粉症の薬と上手く付き合っていきましょう^^


そうそう、薬局と言えば、先日薬剤師の先輩とお酒を飲んだのですが、その際に眠気を抑えたいのであればアレグラ錠という市販薬が良いとお勧めされました。

調べてみると、海外のパイロットが花粉症の為に飲む事が出来る薬だそう。

それなりに効果はあると言う情報も多いので、次のシーズンは試してみるか!と思いながら薬ケースを空けたら、前シーズンに処方されていた薬にもアレグラと書かれていました。そういえばそうだった!!

というオチで記事を締めさせて頂きます^^;

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top