インフォブインフォ

花粉症と風邪の症状の違い!どうやって見分ける!?

「鼻水が止まらない…。風邪引いたかな~。」
「やたらとくしゃみが出るな。寒いし風邪だろう。」

花粉症の症状は鼻づまり、くしゃみ、鼻水、赤目など風邪と非常に良く似ています。

今まで花粉症にかかった事が無い方は、風邪だと思い込んで、ちょっと休めば大丈夫だろうと放置してしまいがちです。管理人はまさしくコレ。長期間に渡って花粉をダイレクトに受け続けました。

少しでも早く気付いて、対策をするだけで症状はかなり軽減出来ます。そこで本日は、管理人の経験から花粉症と風邪の症状にどんな違いがあるのか、簡単な見分け方を知って頂きたいと思います。

症状別で書いていきますが、1つ2つだと違いがはっきりしてきませんので、全部を組み合わせて考えてみて下さいね^^

スポンサーリンク

見た目で分かる!鼻水の違い

鼻をかむ
花粉症と風邪、どちらも鼻が詰まりますので、ティッシュを手放せませんね。

どちらだろう?と迷ったら、ティッシュについた鼻水の色と粘度を見て下さい。

花粉症の鼻水はサラサラで無色の鼻水が出る場合が多いですが、風邪の鼻水は緑に近い黄色で、粘り気が非常に強いです。

管理人の経験からすると、風邪の時に鼻をかむと、「出したぞ~!」と多少満足感がありますが、花粉症の時は出しても出してもキリが無いといった感じです。

特徴的!目のかゆみと色

涙が出る
これは風邪と花粉症の一番分かり易い症状の違いだと思います。

花粉症は目の粘膜に花粉が付着する事で、目に炎症が起きるという特徴があります。花粉を涙で落とそうと涙が止まらなくなり目が真っ赤になったり、目やまぶたがカブれて、腫れたりかゆみが出ます。

それに対して、風邪の場合は鼻に集まったウィルスが目に悪さをする事はありますが、花粉症ほど目に症状は出ない場合がほとんどです。

目のかゆみが止まらなかったり、四六時中涙が出ている時は花粉症の疑いがあります。

スポンサーリンク

マシンガンくしゃみは要チェック

くしゃみが出る
「ヘ、ヘ、へックション、クション、クション、ション、ション….」

花粉症のくしゃみは特徴的で、何度も連続的に出ます。鼻がムズムズして中々止まりません。

風邪の場合はそこまで止まらないという事は中々ありません。多くても5回程度では無いでしょうか。

あまりにくしゃみを連発している場合は、花粉症を疑ってみて下さい。なお、マシンガンくしゃみとは、花粉症の時期に私をみた友人が命名した私のニックネームです…。

鼻詰まりのひどさ

息苦しい
これは単純に症状の重さでの見分け方です。

花粉症の場合、酷い時には鼻が両方塞がって、鼻で全く息が出来ない事があります。そして、ティッシュを何十枚使っても、その状態が解消されず息苦しさを感じる場合もままあります。

風邪でも鼻炎が悪化すると全く同じ状態になる事はありますが、ちょっと風邪引いたかな程度だと、そこまで重くなる事は中々ありません。

風邪っぽいなという時に鼻詰まりがあまりに酷い様なら、それは花粉症かもしれませんよ。

スポンサーリンク

微熱?高熱?どれくらい続いてる?

体温計
発熱は花粉症の原因となるアレルギーの症状としても、風邪の症状としても見られます。ただ、風邪の場合は高熱を出して身体がウィルスを退治しようとしますが、花粉症ではそこまで高熱が出る事はありません。熱が出ない場合も多いです。

風邪は熱が下がると、自然と症状が和らいで来る場合がほとんどですが、熱が無かったり、微熱の状態が続いているのに症状が治まらない時は花粉症の可能性があります。

時間と天候の影響

天気
花粉は昼間、晴天で風邪が強い日に最も良く舞います。ですので、雨の日や夜間は花粉症の症状は軽くなる傾向があるのです。

風邪を引くと、雨が降っていようと、深夜だろうと症状に苦しみますが、花粉症の場合は時間や天候によって症状の重さが変わってくる事が非常に多いです。

夜だけ目の炎症が和らぐとか、雨の日はあまりくしゃみが出ないなど、タイミングによって症状が違うのが花粉症の特徴の1つです。

忘れてはいけない注意点

上記の症状が全て当てはまるからと言って、自己判断で薬局に行って花粉症の薬を購入するなどの治療はしない様にしましょう。

あくまで、花粉症の特徴を挙げているだけで、それは可能性でしかありませんので、必ず医師の判断を仰いでから治療に当たって下さい

なお、花粉症は鼻の粘膜や血液の検査で大体どの種類の花粉が影響しているかまで分かります。それぞれに合った治療法を病院で教えてもらえますよ^^

病院の受付で風邪と伝えていると、お医者さんが風邪の検査しかしてくれない場合がありますので、「花粉症かもしれない」と伝える為のチェックリストだと思って下さいね!

まとめ

最後に花粉症と風邪の大まかな違いを表にしておきましょう。

症状 花粉症 風邪
鼻水 サラサラで透明 黄色で粘度が高い
目の炎症 酷い赤目になりかゆみがある 炎症が起きても激しくは無い
くしゃみ 連続で出て、中々止まらない 出ても5回程度
鼻づまり 鼻で息がしづらくなる事もある 比較的軽い
発熱 微熱(平熱)が続き症状が治まらない 高熱が出ても下がると症状が和らぐ
時間と天候 夜間や雨の日は症状が軽い 時間と天候に症状はほとんど左右されない

管理人は初めて花粉症にかかった年は、花粉症と気付かずにマスク等の対策が遅れて、かなり長い期間花粉をダイレクトに鼻や目、口に受けていました。その結果、喉にも炎症が起きて、声を出すのも大変になってしまいました。

花粉症だともっと早く気が付いていれば、マスクで喉や鼻を守ったり、花粉メガネで赤目を防げたのにと反省しています。

ちょっとでも花粉症かなと思う方は、是非この記事を活用して、少しでも早く病院に行って検査を受けてみて下さいね^^

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top