インフォブインフォ

横浜開港祭2014!花火の日程が決定!詳細を一発チェック

今まで何度も岡山育ちと書いてきた私ですが、実は生まれは横浜の山手です。

山手と言えば、高級住宅街のイメージが強いですね。そう私はおぼっちゃま…なんて事は無く、1DKの古いアパートで笑顔満載の赤ん坊時代を過ごしました。

1歳で岡山に引っ越してきたので、記憶は全くありません。でもその分、横浜は小さな頃から私の憧れの都市。東京で働いていた頃には、休みの日にはちょくちょく電車で遊びに行ったもんです。

そんな横浜で開かれる横浜開港祭の花火大会は田舎者の私とって物凄く刺激的!光と音楽、水と花火が織り成す都会的なイベントで、本当に夢の様な時間を過ごす事が出来ます。

昨年の花火大会の模様がYouTubeにアップされていました。お客さん目線で撮影されているので、臨場感たっぷりですよ♪

動画を見るだけでも、その幻想的な雰囲気がよく分かりますね^^

2014年の日程が公式発表されましたので、本日は横浜開港祭の今年の日程やスケジュール、詳細などを一緒に見ていきましょう!

横浜開港祭の花火の日程と時間!

色とりどりの花火
横浜開港祭は例年横浜の開港記念日、6月2日を中心に開催されます。

開港記念日とは、かつて横浜港が貿易港として世界に開かれた日。日米修好通商条約で定められ、鎖国していた日本が海外との商取引を公に始めた歴史的な日です。

花火大会はこの横浜開港祭のメインイベント。お祭りのフィナーレとして、開港記念日に打ち上げられます。

したがって、今年の日程は…

6月2日(月)

打ち上げ時刻は午後8時20分から8時50分まで。30分間の予定で開催されますよ♪

昨年はアフリカ開発会議など、国際的な大イベントが6月前半に集中した為、混雑緩和の目的で6月8日、9日にお祭の日程がズラされました。でも、今年の横浜開港祭は例年通り6月2日に合わせて、5月31日(土)~6月2日(月)の日程で開かれます^^

開港記念日の歴史と一緒に楽しめる今年の開港祭。大いに盛り上がりそうですね!

打ち上げ場所は?

横浜開港祭の花火大会、正式名称「ビームスペクタクルinハーバー」は海上花火として一世を風靡しています。

もちろん、打ち上げ場所は海の上

横浜臨港パークの前方の海上から盛大に花火が上がります。

花火だけでなく、こちらはお祭全体のメイン会場です。

花火を観覧する際のベストスポットはこの臨港パークでしょう。先にご紹介した動画も臨港パークから撮影されています。出来る事なら、ここで花火を見たいですよね!

最寄り駅はみなとみらい線みなとみらい駅。北に向かって5分も歩けば到着します。

ただし、間違いなく混みます。場所取りはなんと前日から始まり、当日の午後3時にはすでに人だらけ。良い場所は簡単には取れません。

毎年、場所取りの必要の無い有料観覧席も用意されますが、例えば昨年の場合、ペア席が6000円と中々高額。簡単には手を出せない価格です^^;

そこで、他の穴場を各場所のコメント付きで、GoogleMapでまとめてみました。遠くなればなるほど、花火は小さくなってしまいます。しかし、その分人は少ないので、人ごみが苦手な方は参考にしてみて下さい!

※ピンをクリックするとコメントが開きます。右上のボタンを押すと、大きな地図が表示されて、コメントが見易いですよ♪

ライトアップや音楽もこの花火大会の魅力ですので、出来ればちょっと無理をしてでもメイン会場で見るのがオススメです。

でも、どうしても混雑に耐え切れなければ、穴場を使うのも1つの手ですよ^^

さて、せっかく横浜開港祭に行くからには、花火だけでなく、他のイベントも楽しみたいところですね。

そこで、最後に花火大会当日の横浜開港祭のオススメイベントを簡単にご紹介します。

オススメイベントは他にも沢山!

家族連れ
前日の日曜日には、近年大ブームとなっているゆるキャラが勢ぞろいしたり、ステージでライブが行われたりと特に楽しみどころが多いです。

しかし、2日の月曜日も負けてはいませんよ!

官公庁艇パレード

午後1時50分から3時10分まで

国の所有する「はたらく船」が臨港パーク前の海上に集まって、大掛かりなパレードを行います。

消防局や海上自衛隊、そして海上保安庁の船が一同に会すこのパレードは、船が好きな人にとってはたまりません。子供も大喜びでしょう。管理人は佐藤秀峰さんの海猿という漫画にハマッてから、海上保安庁の大ファン。

個人的には、花火大会と同じくらい楽しみなイベントです。

開港祭サッカーパーク

午前10時から午後5時まで
サッカー好きの管理人の注目イベントです。

横浜に本拠地を置く3つのサッカーチーム。横浜Fマリノス、横浜FC、Y.S.C.C.横浜の選手が来場し、観客と一緒にお祭りを盛り上げます。

横浜開港祭の3日間とも開催されます。花火大会の日の場合は上記の日程ですね。会場はみなとみらい地区の円形プラザです。

子供と一緒に楽しみたいイベントです♪

第5回YOKOHAMAスウィーツパラダイス

午前11時から午後3時
甘いもの好きにはたまりません!毎年、コンテスト形式で開催されるお菓子の祭典、スウィーツパラダイスが今年も開かれます。

初日にスウィーツ部門、2日目に焼き菓子部門のコンテストが行われ、3日目の最終日は優勝者のブースが作られ、観客の舌を楽しませてくれます。

横浜のお菓子グランプリを決めるコンテストですので、優勝者のクオリティは相当高く、食べ応えがある事間違いなし!

臨港パーク内の海沿いにブースが設置されます。甘党の方は見逃さない様に要注意ですね^^

横浜銀行ドリーム・オブ・ハーモニー

午後7時30分から8時20分
花火大会の直前に、1000人の市民による大合唱が行われます。

夜の闇に染まった横浜の海にこだまするハーモニーは、何とも幻想的な気分へといざなってくれます。

臨港パークのメインステージでのイベントですので、パーク内で花火の場所取りをしている方は、花火と合わせて楽しめますよ♪

1000人での合唱なんて、滅多に見る機会はありません!

私の独断と偏見で、オススメイベントを取り上げて見ました。

もちろん、他にも様々なイベントが企画されています。是非、出掛ける前に横浜開港祭の公式サイトで、イベント情報をチェックしておいて下さいね^^

横浜開港祭公式ページ横浜開港祭公式ウェブサイト
花火大会やお祭りの公式情報はこちら!
お祭りに関するお問い合わせは横浜開港祭実行委員会まで!
tel:045-212-5511

基本的には雨天の場合も開催されますが、嵐が来たら要注意。お出掛け前には、上記の公式サイトを必ず見て、確実な情報を仕入れておきましょう。


横浜開港祭の花火大会は6000発と玉数は決して他の花火大会と比べると多くはありません。しかし、作り上げられたイベントとしての魅力はダントツに高いです。

他の場所では中々観る事が出来ない、完成度の高い花火大会は一見の価値アリ!関東住まいであれば、見逃したくない一大イベントがこの花火大会です^^

それでは、魅力満載の花火大会を全力で楽しんで下さいね♪

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top