インフォブインフォ

睡眠時間が3時間って大丈夫?仕事で眠れないのは要注意!

時々睡眠時間が短い芸能人が話題になりますよね。

明石家さんまさんや、みのもんたさん、Gacktさんなんかは、毎日2、3時間の睡眠で大丈夫な事で有名です。

凄いなと思う反面、睡眠時間が短いと平均寿命が下がるなんて話も聞きますし、これって本当に大丈夫なのか、他人事ながら心配になってしまいます。

スポンサーリンク

管理人がとある飲食店の社員として仕事をしていた3年前は、忙しくてほぼ一年間3時間程度しか眠れませんでしたが、似た状況の方も多いのでは無いでしょうか。

この頃は眠くて眠くて仕方がありませんでした。体調を崩す事も多かったです。
「これじゃあ早死にしてしまうかも」といつも思っていたのをよく覚えていますね。

3時間という短時間睡眠でも人間は大丈夫なのか、健康に影響が無いのかを調べてみましたので、一緒に見ていきましょう。

3時間睡眠の真実

熟睡中
いきなり結論から書きますが、毎日3時間しか睡眠が取れなくても大丈夫な人もいれば、大丈夫では無い人もいます

特に理由も無く6時間よりも平均的な睡眠時間が短い人はショートスリーパーと呼ばれていて、これは遺伝子が原因となっていると実験で分かっています。そして、こうした方は、短い睡眠時間でも十分満足出来ると言われています。

稀に3時間という超短眠のショートスリーパーもいますが、別段体調に問題がある訳では無いとの事。3時間の睡眠でもしっかりと休めている人もいるのです。

また、アメリカのカリフォルニア大学の研究で面白い結果が出ています。

普段から5、6時間の睡眠をとる人と、8時間の睡眠をとる人を集めて観察したところ、日中の眠気やだるさといった体調にはほとんど違いが見られなかったそうです。

つまり、睡眠時間が短いからと言って、それが無理をしている訳では無い場合、単純に必要な睡眠時間が短いからだと考えられますね。

適切な睡眠時間は人によって違います

5時間の睡眠で大丈夫な人もいれば、8時間寝ないと元気が出ない人もいます。そして、3時間の睡眠で大丈夫だという人は稀ではありますが、確かに存在するのですよ。

スポンサーリンク

危険な短時間睡眠

3時間の睡眠で大丈夫という人は良いですが、普段それより長時間寝ている人が短時間睡眠を繰り返すと、睡眠不足となります。

この状態は当然、健康にとって良い事ではありません

例えば、寝不足は血液注にコルチゾールと言うホルモンを増やします。

このホルモンは血糖値を上げる作用があると言われていて、度重なる寝不足は糖尿病の原因となる場合があります。

他にも…

  • 記憶力の低下
  • 免疫力の低下
  • 肥満化
  • 肌荒れ
  • うつ病などの精神疾患…etc

ここでは書ききれない程の健康被害が、睡眠不足によって起こる可能性があります。

睡眠時間が短いと寿命が短くなるという統計がありますが、寝不足によって健康を害した結果だと考えるのが自然でしょう。短時間睡眠でも満足できると言う人は恐らくこの平均寿命を引き上げていると思いますが、絶対数が少ないですからね。

スポンサーリンク

忙しすぎて眠る時間が無い方へ

提案する男性
重要なのは、3時間睡眠で満足する事が出来るか否か

あなたが仕事が忙しすぎて毎日3時間しか眠れていないとして、それで日中に疲れが出ないのなら大丈夫でしょう。

しかし、眠くて眠くて仕方が無いという方は、どうにか睡眠時間を増やす努力をする必要があります。

例えば、休憩時間に昼寝を取り入れて睡眠時間の合計を伸ばすとか、夜の寝つきを少しでも良くする為に、オーダーメイドの枕を取り入れてみるのも良いですね。

ベッドの中でスマホを使わないのも重要だったりします。
眠れない原因がスマホ!?」(過去記事)

中には、短期的に仕事が忙しい訳では無く、どうやっても睡眠時間が取れない仕事をしている方もいるでしょう。実際、私はそうでした。

そういった方は、多少お金は掛かりますが、会社の近くに引っ越して通勤時間を減らすとか、場合によっては転職を考える必要があると思います

「睡眠不足だからって転職は…」と思われるかもしれませんが、それで健康を害したら元も子もありません。

時々眠れないくらい仕事が忙しくなるのは、社会人としては仕方が無い事です。

でも、年がら年中睡眠が取れないくらい忙しいのはどうでしょう。その会社は、仕事の作業効率が落ちるばかりか、社員の健康管理すらままなっていません。個人的には、こうした会社のあり方に疑問を持っています。

そんな会社なら、思い切って辞めてしまうのも1つの手ですよ。自営業を始めてからは、尚更そう思います。

仕事は生きていく為には欠かせないものですが、健康はもっともっと大切なものです。身体や心が病んでしまったら、仕事どころでは無くなってしまいますからね!


芸能人の方々が2、3時間の睡眠で満足しているのか、仕事が忙しくて無理をしているのかは分かりません。

ただ、ある程度の長時間睡眠を身体が必要としているのなら、それを参考にしたり、憧れたりして睡眠時間を削るのは避けた方が賢明です。

3時間しか睡眠を取れない時に、昼間に眠気が襲ってくるとか、休日に疲れて眠りすぎてしまうのは、身体が睡眠を求めているサイン。心当たりのある方は、少しずつ対策をしていきましょう。

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top