インフォブインフォ

靴の臭いを取る!ある1つの要因を排除すべし

お洒落なブーツを履いて、ウキウキ気分で街巡り。楽しい休日が充実しますよね。

でも、家に帰って靴を脱いだら、靴からモワッと臭いが立ち上ってくる。これでは楽しかった1日が何だか台無しになった気分になるものです。

一人の時はまだしも、もしそれが飲み会で居酒屋の座敷に上がる時や、恋人が家に遊びに来た時だったとしたら…。靴を恨んでも恨みきれません。

何事にも原因はあるものです。靴の臭いの原因を知って、そんな恐ろしい状況を避けれる様にしましょう♪

スポンサーリンク

靴はなぜ臭う!?

ピンクの靴
ありとあらゆる臭いは細菌によって発生しています。

ウジャウジャ繁殖した細菌が分泌物を生み出すと、そこから悪臭が漂ってしまうのです。

細菌は臭いだけでは無く、人間の身体にも悪い影響をおよぼしますので、私達の嗅覚はその臭いを生理的に受け付けないものとして判断するのですよ。

そんな細菌の繁殖を手助けする大きな要因がです。

汗は細菌の大好物で、細菌はそんな汗をモグモグと喜んで食べます。すると、分解された汗から脂肪酸が生み出され、独特の悪臭を発生させるのです。

靴は非常に汗が集まりやすく、これが靴の臭いに大きな影響を及ぼしています。

ちょっと詳しく見てみましょう。

足の裏から出る汗

身体のあらゆる部位の中でも足、特に足の裏は物凄い量の汗を分泌します。

季節によって多少の差はあるでしょうが、1日にコップ一杯分の汗が足の裏から発生すると言われています。

靴は常にこの足の裏と密着していますね。靴下やストッキングを履いていたとしても、どうしても汗は靴の中に染み出してしまいます。

この汗を細菌が食べる事で、酸っぱい匂いが生まれてしまうのです。

一日中遊んで歩いた時は、当然普段よりも多く汗をかきますので靴がより臭くなってしまいます。また、立ち仕事の後なども同じですね。
働く女性
臭いを抑えるには、汗を出来るだけ抑える事が肝心ですが、これが中々難しい…。

制汗スプレーなどを使えば、ある程度の時間は汗の量を減らす事は出来ますが、1日中とはいきませんからね^^;

そこで大切になってくるのが、細菌が汗を分解しやすい環境を知る事です。

スポンサーリンク

靴の中は蒸れやすい!

梅雨時って、他の時期と比べて圧倒的に食中毒の数が多いですよね。

食中毒を引き起こすのも細菌です。そして、細菌がこの時期に増えてしまうのは主に以下の2つが原因です。

  • 雨による湿度の高さ
  • 春先よりも上がった気温

靴の中はほとんど密閉空間。足の裏から出た汗は靴の中の湿度をどんどん高めていきます。しかも体温は猛暑を除くと外気よりも明らかに高く、靴を履いている間は、中の温度は常に高い状態です。

靴の中の状態は常に梅雨時と同じ。細菌を繁殖させやすい環境が整っているのですよ。

臭いを防ぐには、通気性を良くする他ありません。

例えば、革靴はスニーカーと比べると風通しが悪いので、汗の量が増える夏場には出来るだけ避ける。履くなら、合成革よりは風を通す天然革の靴を選ぶのも1つの対策です。

また、チャンスがあれば出来る限り靴を脱ぐようにするのも大切です。それだけで靴の中のムレ状態は変わってきますからね。

私が料理の仕事をしていた時には、1日中全く風を通さないゴム長靴を履いていましたが、その臭いは悪夢そのものでした。ですので、休憩の度にサンダルに履き替えては足に制汗スプレーを吹きかけて、臭いを消す努力をしていたものです。

ちょっとした事ですが、それだけで仕事終わりの靴の臭いはかなり減りましたよ!

スポンサーリンク

すでに臭っている靴はどうしよう!

玄関の靴達
靴は臭い状態が続いていると、しばらく履いていなくても、常に臭いを発生させる様になってしまいます。何も対策をしなければ、細菌が靴に残されたままですし、汗も染み込んでしまいますからね。

これでは、ほっといても細菌が増え続けてしまいます。

これを解消する為に、同じ靴を毎日履き続けるのを避けましょう。一度履いた靴は毎回風通しの良いところで陰干しするのが一番です。

その時に、ファブリーズなどの除菌スプレーを塗布するとより効果的ですよ。

ただし、スプレーをするのは必ず干す時。履く前に塗布すると、靴の中に湿気が広がって逆効果になってしまいます。

おススメスプレー

ファブリーズの匂いが苦手であれば、無香料で強烈な細菌・ウィルスの除菌専用スプレーがおススメです。

こちらは、私が長靴の臭い対策をするのに使っていたスプレーです。

使用用途に「スリッパ・靴など」と記載されている通り、靴の臭いに対して効果を発揮してくれますよ♪

手元に除菌スプレーが無ければ、家庭用の重曹を1/2カップほど靴下に包んで入れておくのも効果的です。重曹は悪臭を吸収してくれる他、湿気も吸い取ってくれる魔法の粉ですからね^^

また、昔から使われている方法ですが、10円玉を3枚ほど靴の中に忍ばせておくのも良いですね。10円玉に含まれている銅には細菌を分解する働きがありますので、消臭効果に期待出来ます。

ただし、汚れている10円玉だとダメ。汚れが銅に細菌が付着するのを邪魔してしまいます。キレイな10円玉を使うのがキモですよ。

それと、もう1つ。湿気対策として、雨の日に使った靴は必ず乾かしてから使用する事も大切です。雨の後の靴は想像以上に乾きづらいので、最低でも1日は陰干ししておくのが良いでしょう。

これらの対策をするには、スペアの靴が用意されていないといけません。普段のローテーションに使えるよう、服装に合う靴を2足、出来れば3足ずつ揃えておきましょう。


足が臭いという方も要注意。足の臭いが靴に徐々に徐々に移り込んでしまいます。

足の臭い対策も先日お伝えしていますので、参考にしてみて下さい。

靴の臭いはかなり強烈。臭う靴が玄関に何足もあると、靴だけでは無く、部屋全体が臭ってしまう場合もあります。

しっかりと汗と湿気の対策をして、靴の臭いを抑え込んでしまいましょう♪

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top