インフォブインフォ

婚約指輪と結婚指輪の違い!プロポーズ前に要チェック!

結婚と言えば指輪のイメージが強いですよね。

プロポーズの時に渡す事の多い婚約指輪。結婚したら夫婦で揃って指に着ける結婚指輪。どちらも夫婦にとって大切な指輪です。

でも、結婚前の男性にとっては悩みの種だったりもしますよね。

  • どんなものを用意すれば良いのか?
  • どれくらいの金額で購入すれば良いのか?
  • どんなデザインのものが向いているのか?

意味の違いは何となく分かっても、具体的に考えてみると知らないことだらけ。

スポンサーリンク

本日は、婚約指輪と結婚指輪の具体的な違いについて、一緒に見ていきましょう!

婚約指輪とは!?

プロポーズの指輪
婚約指輪は、男性から女性に贈るプレゼント。男性が婚約の際に渡す指輪です。

映画やドラマなどでは、感動的なプロポーズのシーンで使われている事も多く、婚約指輪を貰うことに憧れている女性は非常に多いのではないでしょうか。

固い愛の象徴として、硬い石として知られているダイヤモンドをあしらった指輪が最も良く売れています。ですが、誕生石や好みの宝石などを選ぶ人もいて、絶対にダイヤモンドでなければいけないということはありません。

更に、通常の指輪よりも手の込んだデザインのものが人気です。その分高価にはなりますが、「妻」に送る初めてのプレゼントとして、頑張って購入する男性が多いのでしょう。

また、普段使いをするのではなく、大切にしまっておいて、入学式などのフォーマルな場や二人の記念日などに着ける指輪という意見が一般的。どんな場でも恥ずかしくない指輪が選ばれるという側面もあります。

と言っても、何百万円もする指輪を用意する必要はありませんよ!

結婚情報誌のゼクシィによると、相場は30万円前後。ですが、これはあくまで参考価格。ご自身の収入に合ったものを選びましょう。

昔は、「婚約指輪は月給の3倍」なんて言葉がありましたが、これはダイヤモンドのマーケティングを手がけるデ・ビアス社が作った売り文句。無理のない予算設定をして下さいね。

豆知識

初めて世界に婚約指輪が登場したのは、なんと紀元前1世紀。古代ローマにおいて、愛の誓いとして鉄の指輪を贈る習慣があったと言われています。

日本に広く普及したのは、1960年代になってから。結納の品として真珠や誕生石の指輪が贈られていました。

この頃はまだまだ女性は家に入る事が多く、夫に何かあった時には質に入れられる様にと、高級な指輪が選ばれていたそうです。

さて、次は結婚指輪について見ていきましょう。

スポンサーリンク

結婚指輪とは!?

結婚指輪
結婚指輪は結婚式で夫婦が交換する指輪。したがって、婚約指輪と違い、男性用と女性用のペアが必要です。

こちらは、普段使いされるのが一般的。夫婦そろって、結婚している証として日常生活において着用されます。家事などの時にも着けているものなので、シンプルなデザインのものが選ばれます。また、着け心地や素材も選ぶ際のポイントですね。

最も人気があるのはプラチナで作られているリング。女性用にはダイヤモンドがあしらわれたもの、男性用には同デザインでリングのみというケースが一番多いです。

プラチナには傷がつきにくい、変質しにくいという特徴があり、その丈夫さと共に、変わらない夫婦の象徴として選ばれているんですよ。

ただ、プラチナの指輪を結婚指輪にするのは日本特有の文化。欧米ではゴールドのものを用意するのが一般的で、最近ではホワイトゴールドのリングを結婚指輪にする夫婦も増えてきています。

またまたゼクシィによると、結婚指輪の平均購入価格はペアで約21万円。一本につき大体10万円といったところですね。

婚約指輪は男性が選ぶ事が多い様ですが、結婚指輪は2人で選ぶもの。結婚相手と一緒に頭を悩ませて、2人にとってピッタリなものを選んで下さいね。

スポンサーリンク

最近の指輪事情

若いカップル
近頃は、婚約指輪を購入しないカップルも増えています。

ほとんど使う事が無い婚約指輪にお金を掛けるよりも、そのお金を結婚指輪に回したり、新婚旅行を豪華にしたい。もしくは、生活費に回したいという堅実な意見の方が多いそうです。

男性側からしたら、確かに実用的な考えですよね。私もその方が良いのではと思う事があります。ただでさえ、結婚には莫大な費用が掛かりますからね。

しかし、これを男性側が当たり前だと思って勝手に決めると、モメにモメる場合があります。それは、婚約指輪の章で書いた様に、プロポーズの際の婚約指輪に憧れている女性も多いから。

プロポーズの時に指輪が無いと、

「えっ…指輪が無いなんて、この人、私のこと大切に思っていないの?」

なんて思われかねません。

それを避ける為にも、お互いの結婚観は交際中にしっかりと確認しておきたいものです。「最近は婚約指輪買わない人も多いらしいけど、どう思う?」と、ちょっとした会話の中で探りを入れておくのがお勧めですよ。


ここまででお話した、婚約指輪と結婚指輪の違いを表にしておきますね。

カテゴリー 婚約指輪 結婚指輪
目的 婚約のプレゼント 夫婦の証
いつ使う フォーマルな場や特別な時 日常的に身に付ける
デザイン 宝石付きの凝ったもの 日常生活にも使えるシンプルなもの
相場 30万円前後 ペアで21万円前後

婚約指輪も結婚指輪も、人生で何回も購入するものではありません

男性からすると、たかだか指輪だと思いがちですが、思いっきり頭を悩まして選んで下さいね。この記事が、その際の参考になれば幸いです。

そうそう。ちょっと先の話になってしまいますが、今まで指輪を着けて来なかった男性にとっては、一日中結婚指輪を着けておくのは大変だと感じるものでしょう。でも、ずっと外していると、どこにしまったか忘れてしまう事があるかもしれません。

そういった方は、ネックレスに結婚指輪を付けて、首元に飾ってみて下さい。

以前、手を使う仕事をしていたのですが、仕事中は指輪が着けられないので、ネックレスとして身に付けるのが職場では一般的でした。

そうすれば、いざ着けようとした時に、「あれっ…無い。見つからない!」何て事態に陥る可能性が激減しますよ。奥さんを鬼の形相にするのは、全力で回避しましょう♪

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top