インフォブインフォ

目の疲れを解消するには!簡単に覚えられる3つの方法

仕事でパソコンをカタカタ、移動中にはスマホや雑誌で情報を。帰宅後には再びパソコンとスマホをポチポチ。

現代人には当然になりつつあるこんなライフスタイルですが、その代償として疲れ目に悩む方がどんどん増えています。

私も例外では無く、一日中パソコンとスマホをつついています。その結果、充血したり、ショボショボしたりと、目が明らかに疲れている事が多く、常に対策が欠かせません。

本日は、私が調べた目の疲れを解消する方法を一緒に見ていきましょう。原因を把握すれば、効果的な解消法が見えてきますよ!

と言う事で、まずは目が疲れる原因をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

目が疲れるのはなぜ!?

先生
目が疲れてしまうのは、主に目の周辺の筋肉の疲労が原因です。

例えば、パソコンを使っている時には、近くの画面にピントを合わそうと、レンズの厚さを調整する筋肉が使われています。

近くのものをずっと見ていると、この筋肉は長時間緊張し続ける事になってしまい、こり固まってしまいます。

他にも、目の位置を調整する筋肉や、目に入ってくる光の量を調整する筋肉など、「見る」事によって多くの筋肉が緊張状態になります。

パソコン、スマホ、読書など、最近は近くのものを見る機会が爆発的に増えているので、必然的に疲れ目を持つ方々が増えてしまっているのです。

あまりに目に疲労が貯まり易い状態が続くと、知らず知らずの内に身体にストレスが掛かり、自律神経のバランスが崩れてしまう場合があります。

すると、ドライアイや偏頭痛など、疲れているというだけでは無い、深刻な症状があらわれる事もあります。こういった症状を避ける為にも、目が疲れたと思った時には、しっかりと対策しておきたいものですね。

さて、目の疲れの原因である筋肉疲労を解消する為には、どの様な方法を取れば良いのでしょう。

目の疲れの解消法

筋肉の疲れを解消するには、目に限らずあらゆる部位に有効と言われている方法があります。

それは…

  • 休憩を取る
  • 血流を改善させる
  • バランスの良い栄養素を摂る

疲れた時には、筋肉の緊張を解きほぐす為の休息は大切です。また、血流を改善させる事で、筋肉を回復させるのに大切な栄養がしっかりと届く様になります。

この栄養がしっかりと血に含まれている事が重要なのは言わずもがなですね。

どれも、目の疲れを解消するには欠かせない要素です。それぞれの具体的な方法を見ていきましょう!

スポンサーリンク

目が疲れた時は休憩を

空
筋肉がこり固まってしまうのは、緊張状態が続いてしまっているからです。

定期的に目に休憩を取らせる事で、筋肉の使用を一時停止させて緊張を解きほぐす事が出来ます。パソコンなどを長時間使う時には、1時間に1回は休息を取り、目をモニターから離す様にしましょう。

なお、その際にテレビを見るなど、目に負担が掛かる事をしてしまっては意味がありません。大切なのは頭の休憩では無く、「目の休憩」を取る事。

目を自然な状態に帰してやる事がポイントです。

遠くを見る

元来、人間は自然の中で狩猟をしたり、畑を耕したりと、多くの時間遠くを見てきた生き物です。

したがって、決して目は近くのものを見続ける事に適したつくりではありません

休憩を取る時には、パソコンやスマホの事は忘れて、屋外に出て流れる雲を見たり、流れ行く街の様子を観察するなど、遠くを見る様にする事でより効果的に目を休めることが出来ます。

近代機器から離れて、テラスや玄関の外で疲れた目を休ませてあげましょう。

睡眠不足に要注意

疲れた筋肉が最も回復するのは睡眠時です。

食事で摂った栄養素が効率的に身体中に行き渡るのと同時に、睡眠中は身体に掛かる負担が軽減されます

もちろん目も例外ではありません。

まぶたを閉じる事で、光の量を調整するために筋肉を動かす必要が無くなります。また、睡眠中には目玉はまぶたの上側の方向を向き、筋肉の使用を最低限にします。あらゆる筋肉が緊張から解き放たれるのが睡眠時なんです。

睡眠不足にはくれぐれも気をつけて、健康的な生活を送りましょう。ベッドの中で深夜までスマホを使うなんてもってのほかですよ!

血流を改善する

洗面器
筋肉が固くなると血管が圧迫されてしまい、血の流れが悪くなってしまいます。

すると、目の周りの筋肉に届く栄養量が減ってしまい、目の疲れが促進されてしまう事に…。

目を閉じて目玉をグルグル回すだけでもストレッチになります。が、更なる血流改善を目指して、マッサージをしたり、筋肉周りを温めるなどするのが効果的な方法です。

目の疲れに効くマッサージ

目の周りの筋肉の血流を良くするには、目の周りだけでは無く、顔全体をマッサージするのがポイントです。

なぜならば、血管は顔中に張り巡らされているから。顔全体の血の流れが悪いと、目の周りまで血が届きにくくなってしまうのです。

まずはフェイスマッサージをして、顔全体の血流を改善してから目の周りをマッサージしてあげましょう。

マッサージのコツ

フェイスマッサージは、まゆげの内側にある攅竹(さんちく)と鼻の付け根にある晴明(せいめい)、こめかみにある太陽や首の後ろにある風池(ふうち)など、目の疲れに効くとされるツボを押すとより効果的です。

上記のツボを全て抑えたマッサージ方法を、大阪のリラクゼーションサロンが動画で紹介してくれていますので、参考にして下さい♪

「ちょっと疲れたけど、まだ休憩は出来ないな…。」そんな時は、さっとマッサージするのがおススメです。

また、マッサージは身体がリラックスしている時に、より効果を発揮します。ですので、夜にゆっくりしている時間帯に習慣的にマッサージをするのも良いですね^^

そうそう。パソコンを同じ姿勢で長時間使っていると、首や肩がこる時もありますよね。これらの部位には顔へと血が向かう、太い血管が通っています。

こうした時は、まずは首や肩を叩いたり揉んだりする様にしましょう。

温めて血行を改善する

自宅にいる時は、目の周りを温める事で血行を良くする事も出来ます。もちろん、お風呂に入るのも効果的ですが、一番簡単なのはタオルを使った方法です。

40℃程度のお湯を洗面器に入れて、タオルをその中に浸します。後はタオルをよ~く絞って、目の上に当てるだけ。スーッと血が巡り始めるのが分かると思いますよ。

なお、温める場合もマッサージと同様、首や肩、顔全体から目の周りへと順番に温めて行くのがおススメです。効率的に血行を改善していきましょう。

イチ押しテクニック

首や肩を温める際は、アロマオイルをお湯に一滴落とすのも良いですね。プチグレインなど、目の疲れに効果的と言われているオイルが沢山ありますので^^

アロマに興味がある方は、タオルを使う以外にも、アロマオイルを簡単に使う方法を、「アロマオイルの使い方」として記事にしていますので、是非合わせてチェックしてみて下さい♪

ただし、温めるのは目が充血している時には逆効果。充血は炎症が起こっている状態ですので、一気に血行が良くなる事で、更に充血してしまいます。目が真っ赤になっている時には、反対に冷やして炎症を抑えてあげましょう

スポンサーリンク

目に優しい食生活を

リンゴと朝食
こちらは、すぐに出来る解消法ではありません。日々の食事に気を使う事で、目を疲れづらくする、ゆ~っくりと解消する為の方法です。

しかし、目を回復させる役割のある栄養素をしっかりと取る事で、ここまで書いてきたマッサージなどの血流改善法がより効果的になります。是非、普段の食事に気をつけて、疲れに強い目を作りましょう!

目に特に良いと言われている栄養素はビタミン類です。

中でも、ビタミンA(レバー類や魚介類、緑黄色野菜に多い)は網膜の材料になりますし、ビタミンB1(豚肉やたらこなどに多い)には筋肉の疲労を防ぐ役割があります。

こうした栄養素が不足しない様にする事が大切です。

また、当然栄養がたっぷり詰まった血液を作るには、バランスよく色々なものを食べるのが重要。外食中心の食生活を送っている方は、塩分過多や高脂肪など、様々な問題をはらんでいる場合が多いので、特に注意して下さいね。


パソコンやスマホは、確かに目を疲れさせてしまいますね。

しかし、現代人にとっては欠かせないツールです。私もこういった機器から得られる情報無しの生活は考えられません。

そこで大切になってくるのは付き合い方。効果的に目の疲れを解消して、快適な近代生活を送っていきましょう♪

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top