インフォブインフォ

宇宙旅行の費用!サラリーマンでも行けるの!?

宇宙開発はかつては国家的なプロジェクトでしたが、最近はベンチャー企業がどんどん参入していますね。

国の夢がいつしかビジネスチャンスとなり、今では民間企業が宇宙旅行を企画するようになりました。

となると、我々一般市民にも宇宙に行けるチャンスがある可能性大です!

「地球は青かった!」(ユーリイ・ガガーリン)とか、
「それ自体が一つの大きな命のよう」(若田光一さん)

なんて言ってみたい!

スポンサーリンク

こんな素敵な夢をプランニングする第一歩として、宇宙旅行にかかる費用を一緒にチェックしていきましょう。

その前に、私達が行ける宇宙旅行とはどんなものかを簡単に解説します!

宇宙旅行とはこんな旅

超絶に分かり易い動画を発見しましたので、予備練習をしましょう!
宇宙旅行に憧れを持つ方には必見の動画ですよ^^

シートベルトを外すタイミングまで伝えてくれているので、宇宙旅行がイメージしやすいですね!この動画の通り、宇宙旅行と言っても火星などの他の惑星に行く訳では無く、約2分半を宇宙空間で過ごして、地球にとんぼ返りするものです。

どんな行程なのかをまとめておきましょう。

It’s the 宇宙旅行

1. 専用宇宙基地から宇宙船を搭載した飛行機が発射
  ↓↓↓(約45分)
2. 高度15kmに達したところで、宇宙船を切り離す
  ↓↓↓
3. ロケットエンジンON!一気に高度100kmの宇宙空間へ!!
  ↓↓↓(約90秒)
4. シートベルトを外して、無重力体験。窓からは青い地球が!
  ↓↓↓(約2分半)
5. 名残惜しいが、シートベルトをはめて大気圏へ再突入
  ↓↓↓
6. エンジンを使わないグライダー飛行で基地へ帰る

マッハ3を超えるスピードで宇宙まで90秒…

科学の力って物凄いですね!

私は高校時代に文系を選んで、文系の人生を送ってきましたが、この動画がその時代に存在していたら、迷わずに理系を選択していたな~。宇宙戦艦ヤマトの再放送を見ながら育ったクチとしては、本当に刺激的で夢の溢れる旅行です。

これは是が非でも行ってみたいですよね!それでは、その費用を見ていきましょう!

スポンサーリンク

宇宙旅行の価格

宇宙船
先ほどの体験動画をアップしているクラブツーリズム社

この会社が、アメリカのヴァージンギャラクティック社と提携して、最も早い段階での民間宇宙旅行を企画しています。

その費用は…

25万ドル(約2500万円) ※1ドル=100円で換算

2500万円と言えば、東京のワンルームマンションが新築で販売されている価格です。これを高いと見るか、安いと見るかは人によって変わるでしょう。

しかし、何十億ではありません!誰もが体験出来る事ではないであろうこの宇宙旅行。この旅にこの価格で行けるとなると、ちょっとだけ現実味が湧きませんか?

ちなみに、クラブツーリズム社は2014年3月現在も一般枠での宇宙旅行参加者を募集していますよ!

JFA公式クラブツーリズムの宇宙旅行のご案内
まずは概要をチェック!
詳しくは(株)クラブツーリズム・スペースツアーズまで
tel:03-4335-1800

この宇宙旅行の開発を進めているヴァージンギャラクティック社は、今年いよいよ民間宇宙旅行を実現させると言われています。

宇宙旅行は構想段階では無く、実現段階へと来ているんです。家を購入するよりも宇宙旅行へ!そんなロマンチックな人生も悪く無いですよね。

実際に、サラリーマンでにこの宇宙旅行を購入している方もいるんですよ!

サラリーマン宇宙旅行者

「仕事に追われる単調な毎日を抜け出したい。」

そんな思いで、30代のサラリーマンである稲波紀明さんはクラブツーリズム社が募集していた宇宙旅行に申し込みました。募集を開始したばかりの2005年のことです。

抽選会では残念ながら落選してしまったものの、辞退者が出てまさかの繰上げ当選!世界初のサラリーマン宇宙旅行者になる為の舞台が目の前に現れました。

走るサラリーマン

このブログを読んで下さっているあなたはこう思うかもしれませんね。
「本当にサラリーマンが宇宙旅行の金額を払えるの?」と。当然の考えだと思います。

しかし、稲波さんは学生時代からコツコツと貯蓄・運用してきたなけなしの貯金を、この宇宙旅行に使う事を決心し、一括で支払いました。

その背景には、幼い頃からの宇宙への憧れがあったそうです。先への不安よりも好奇心が上まったのですね。

そして実現へ…

2005年に申し込んで、今年で9年目。いよいよ彼の宇宙旅行が実現しようとしています

テレビに登場している稲波さんを見る度に、管理人は羨ましさと同時に、妬みにも近い感覚を覚えました。私には簡単には出来ないであろう決断を、当たり前の様に下す。その行動力が自分に無かった事が心から悔しかったのです。

今では尊敬している人物の1人である稲波さん。世界初のサラリーマン宇宙旅行者がどの様な顔で地球へ帰ってくるか。今からそのニュースが楽しみですね。

実際の旅行日は未だ決まっていない様ですが、彼の想いをご本人のブログを通して、出発のその日まで定期的にチェックさせて頂きたいと思います。

稲波紀明さんのオフィシャルブログ

さて、最後に「もう少し安いプランは無いの?」というあなたへ、もう1つの宇宙旅行の可能性をお話したいと思います。

スポンサーリンク

気球に乗って成層圏へ

気球
2016年の開始予定で、気球での宇宙旅行計画が進んでいます。

アメリカのワールドビュー社が進めているこの企画。その価格は7万5千ドル。1ドル100円換算で750万円と、前述の宇宙旅行と比べると、約1/3の価格で参加する事が可能です

ただし、こちらは宇宙旅行と言っても、行けるのは高度30kmの成層圏まで。残念ながら、高度100kmの宇宙空間まで行く事は出来ません。

しかし、成層圏からは大気圏に包まれた薄い青色の地球が広がっているそうで、非日常で貴重な経験が出来る事は間違いありませんね。

どの様な形で募集されるのか。その動向に注目していきたいと思います!


ちなみに、我々が宇宙旅行と聞いてまず想像する宇宙の周回旅行。こちらも、実は2001年から8度実現しています。

宇宙空間を飛び、国際宇宙ステーションに約1週間滞在するこの宇宙旅行は、なんと40億円もの資金が必要!こちらは一般人には夢のまた夢といった感じですね…。

今まで参加したのも、有名ゲーム「ウルティマ」シリーズの作者やシルクドソレイユの創設者などなど、世界に名だたるセレブばかり

2015年には日本でもお馴染みのソプラノ歌手、サラ・ブライトマンさんが国際宇宙ステーションに向けて出発するというニュースを見た方もいるのでは?

まだまだ民間人には遠い存在の周回旅行ですが、大気圏外を体験出来るだけでも、私が子供の頃には想像しえなかった事です。

もしかしたら、私が老人になる頃には、「ちょっと火星へ行って来る!」なんて、気軽な気持ちでの宇宙旅行が本当に出来る様になるかもしれませんね!

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top