インフォブインフォ

おならを我慢すると!?我慢しすぎに要注意!

管理人が東京に住んでいた頃にルームメートだった友人は、まるで趣味かの様に1日中ブッブッブと音を立てておならを出していたのですが、私はこの音がどうにも苦手で、注意ばかりしていました^^;

私はあまりおならが出ないのですが、過労がたたって胃腸の調子が悪くなった時に一時的におならがノンストップでこんにちは状態になってしまった事があります。

ルームメートに注意した手前、全力で我慢していたのですが、我慢しすぎた結果、息がおなら臭くなるという事態に陥ってしまいました。

スポンサーリンク

本日はその頃に作ったおならノートを元に、おならを我慢しすぎるとどうなるのかを書いていきますので、一緒に見ていきましょう。

まずはおならとはそもそも何なのかを簡単に説明します^^

おならって何!?

先生
おならは日常的に誰もが出しています。量の大小はありますが、大人であれば1日に500ml以上のおならを数回から数十回に分けてしています。

おならのほとんどは口から飲み込んだ空気から出来ていますが、腸で食べ物を分解する時に発生するガスが10%、血液の中に溶け込んでいるガスが腸に染み出たものが20%ほど混じっています。

このガスには様々な成分が混じっていて、NASAの研究によると、何と約400種類ものガスが含まれているそう。主成分は窒素や酸素、二酸化炭素などの空気中の物質ですが、臭いの元となるのは少量でも腐敗臭のする酪酸や硫化水素、二酸化硫黄などです。

おならが止まらなくなるのは腸内にこれらのガスが溜まりやすくなっているから。

その原因としては、便でフタをしてしまう状態になる便秘や体調不良で交感神経の働きが悪くなってしまうなどのネガティブな要因の他、野菜中心の食生活による食物繊維の大量摂取などの健康的でポジティブな要因もあります。

スポンサーリンク

したがって、おならが止まらないからと言って、必ずしも不健康という訳では無いのです。

豆知識

生理現象であるおならですが、人前でおならの音を出す事は日本だけでは無く、世界中の多くの国々でマナー違反だと認識されています。

例えば、アフリカにあるマウライ共和国では公共の場での放屁を禁止する法案が2011年に出された事がある位です。ただ、欧米諸国ではおならは我慢出来ない時は仕方がないものと言われる場合もあり、ゲップの方が不快感を感じる人が多いそう。

どちらにせよ、少なくとも人前で面白半分でブブブッと音を立ててオナラをするのは明らかなマナー違反とされていますので注意しましょう。

さて、ここからが本題です。

どうしても止まらないおならを必死で我慢した場合、身体の中でどんな事が起こるのでしょうか?

おならを我慢しすぎると…

本来であれば身体の外に排出されるはずだったおなら。

このガスが腸内に溜まってしまうと、腸自体を圧迫する他、膨れた腸が近くの膵臓などの臓器へと負担を掛けてしまうなどの現象が起きて腹痛の原因となってしまいます。

また、腸に溜め切れなくなったおならは腸壁を抜けて血液の中に溶け込んでいきます。すると、臭い成分が多い場合は肺から臭い息が出る事がありますし、皮膚にも成分がまわり体臭が酷くなる事もあります。息がおなら臭くなるのはこの為です。

一時的な腹痛や臭いは実はまだマシ。全てのおならを我慢するような状態が日常的に続いていると、様々な健康被害が起こる事が指摘されています。

スポンサーリンク

特に酷いものでは…

  • 腸の働きが悪化し、大腸がんの原因となる悪玉菌が生まれる
  • 肝臓に悪影響のある成分が流れ込み肝機能に障害が出てくる
  • 腸内の悪玉菌を排除するために免疫過剰となりアレルギーになり易くなる
  • 腸の機能低下により婦人病になり易くなる

などが挙げられます。想像するだけでもゾッとしちゃいますね^^;

もちろん、おならの大半は空気ですし、ちょっとくらいの我慢なら心配は要りませんが、我慢をしすぎると大変な事になる場合も考えられるのです


人前で出しても駄目。我慢しすぎるのも駄目。おならとの付き合い方は何とも難しいですね。

と言っても、我慢する事で健康に問題が出てくるとなれば見逃せる事ではありません。個人的には会議中であろうと何だろうと、音さえ出なければ他の人が放屁しようと気にはなりません。

どうしてもという時は、出来る限り我慢せずにスーッと音を出さずに出してしまっても良いと思いますよ^^

追記

おならの音が大きいのには原因が!消す方法は!!」の作成完了^^

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top