インフォブインフォ

氷を食べる病気!?妊婦に多い氷食症に要注意!

氷を食べるのがクセになっていませんか!?

管理人は小さな時から氷が大好き。ジュースを飲んだ後に残る氷は残さずボリボリ食べてしまいますし、夏場なんかは時々冷凍庫の製氷皿から直接氷を取って口に運んだりしてしまいます。

これでも結構珍しいと言われるのですが、上には上がいるものです。

5年ほど前に屋台でおでんを売っていた事があるのですが、たまたま貰ったかき氷マシーンを使って秋口にカキ氷を販売したところ、もう寒くなっているのに3杯完食した女性の方がいました。

スポンサーリンク

あまりにも衝撃を受けたので、どうしてそんなに食べるのか聞いたところ、「お医者さんに氷食症と指摘されている。」とのコメントが。

最近ではテレビでも取り上げられる事がある異食症ですが、5年前に出会ったこの女性との会話が私が氷食症を知るきっかけになりました。

ちょっと位の量なら問題は無いのですが、製氷皿の氷を大量に食べてしまうレベルの方は要注意氷食症の可能性があります。

最近になって患者数がどんどん増えていると言われているこの氷食症。一体どんな病気なのでしょうか!?

氷食症とは!?

看護師
その名前の通り、氷を食べる事がやめられなくなる病気です。

病気としての定義は、「1日で製氷機1皿分の氷を食べるもの」。1日に何度も何度も冷凍庫の扉を開けて氷を口に入れている方は氷食症かもしれません。

氷食症の主な原因は鉄分不足。もしくは鉄分が欠乏する事で起こる貧血だと言われています。

なぜ鉄分が足りないと氷が食べたくなるのかはまだはっきりと分かってはいませんが、有力な説として、赤血球の量が減少したり働きが低下する事で酸素不足に陥り、口内の温度が上昇してしまうというものがあります。

熱い口を冷ます為についつい氷を口に入れてしまう状態ですね。また、鉄不足が食の嗜好を変化させてしまうという意見もある様です。

妊婦に多い氷食症

お腹の中に赤ちゃんがいると、赤ちゃんは母親の栄養をもらって育っている為、鉄分不足に陥りやすくなります。

その為、妊婦には一時的な氷食症の方が非常に多いです。

また、氷食症は女性に多い病気です。これは生理によって血が不足してしまう事や、無理なダイエットが鉄分の減少をもたらしているからだと言われています。

ちなみに、鉄分不足だけでは無く、一部では強迫性障害において強迫観念を打ち消す為の行為として氷食が見られる事もあります。特に男性の場合は鉄分不足に陥りづらいので、精神的な問題を抱えている可能性が強くなるそうです。

スポンサーリンク

氷食症は何が恐い!?

氷食症そのものはお腹を下す程度の問題を引き起こすだけです。恐ろしいのは貧血に気付かずに症状がどんどん酷くなっていく事

貧血の諸症状

  • 疲れやすくなる
  • 頭が痛い
  • 食欲不振
  • 息が切れやすくなったり動悸が起こる
  • 顔色が悪い
  • めまいや立ちくらみ
  • 爪が反り返る
  • ものが飲み込みにくくなる…etc

こういった症状がどんどん深刻化していくと、場合によっては突然倒れてしまったり、更なる栄養不足に陥るなど日常生活に大きな問題が出てきてしまいます

妊婦さんの場合はあまりに貧血が続いてしまうとお腹の子にまで影響が及んでしまう可能性もありますね。

多くの場合、氷食症は身体が出す「鉄分が足りていませんよ」というサイン。酷い貧血状態に陥らない為にも、貧血対策をする必要があるんですよ。

氷食症に対する対応

病院
氷食症の疑いがある場合の最善策は病院に行く事です。

血液検査をする事で、鉄分不足かどうかはすぐに分かります。鉄分が足りていないのであれば、鉄剤の処方を受けられたり栄養指導をしてもらえますし、不足していないのであれば、精神疾患の可能性にいち早く気付く事が出来ます。

貧血の場合は内科の受診を勧められる事が多いですが、氷食症の相談もまずは内科でOK!女性の場合は産婦人科でも良いでしょう。特に妊婦さんの場合はより的確な指導が受けられると思います。

まずは原因をはっきりさせる事で、対策が見えてきます。

スポンサーリンク

貧血と氷食症の予防

鉄分不足から来る氷食症の予防は一般的な貧血対策とほぼ同じ。特に大切なのは食事です。

レバーやほうれん草などの鉄分の多い食材や、鉄の吸収を助けるビタミンCが多く含まれている食材を日常的に摂取したり、鉄は胃酸の分泌が増えるとより吸収され易くなる為、酢の物や梅干しなどの酸味があるものを食べるのも効果的と言われています。

また、赤血球の働きを活性化させるたんぱく質を大豆などから積極的に摂るのも貧血対策になる食事の1つです。

そして、それ以上に大切なのがバランスの良い食事です。全ての栄養素が良質な血を作るのに役立ちますからね。偏食を減らし、色々な食べ物を満遍なく食べるようにしましょう。ダイエット中の方は特に要注意ですよ!

管理人からのひと言

インフォブインフォもとうとう100記事突破!
ここまで楽しく記事が書けてきたのは、記事を読んで下さる
皆さんのおかげです♪

これからもどんどん増えるインフォブインフォの記事を
どうぞお楽しみくださいm(_ _)m

気になる記事が見つかるかも♪全記事一覧!

Return Top